いろはなスタッフブログ

福は内、鬼は外


節分とは・・・「季節を分ける」ことを意味している。立春(毎年2月4日ごろ)の前日を指す場合が多い。
季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると考えられており、それを追い払うための悪霊ばらい行事が執り行われる。
一般的には「福は内、鬼は外」と声を出しながら福豆(煎り大豆)を撒いて、年齢の数だけ(もしくは1つ多く)豆を食べる厄除けを行う。

ということで「いろはな」にも 鬼 がやってきたようです。

DSCN5455

みんなでは外と豆をぶつけました。

DSCN5471

DSCN5494

は人質を取ったようです。

DSCN5542

みんなで人質を救出しを退治しました。

DSCN5457

鬼退治のあとは豆を食べて厄除けします。

DSCN5490

「いろはな」に来ている方々は優しい人が多いようで「鬼にも福を!!」と最後に記念撮影

DSCN5459

 

こうして「いろはな」には笑顔というが来ました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ログインする

みまもりネット

ご家族も安心
いろはな会員専用、
ネット介護記録はこちらへ